理想的な人生について考える時の注意点

だてりゅうほうです


自分の理想の人生を考えたときに

「あの人みたいになりたい」

と思うのは至って自然な思考だと
僕は思ってます

むしろ

「目標とする人物がイマイチいない」

とかなっちゃってる人は
人生もイマイチな場合が多いです
(※ゼロとは言いませんが、少数だと思います)

で、

あの人みたいになりたい人がいた場合に、
すごく気をつけた方が良いところとして

【人生全体として理想としたいか?】

というところです


具代的に言いますと

例えば

明石家さんまさんと島田紳介さん
を比較すると
僕は圧倒的に島田紳介さんが理想的なんです

その理由は明確で
『ご家族をもってらっしゃるから』
なんですね

今テレビに出てる、出てないは関係なく
どちらも一時代を築いた素晴らしい人物だと僕は思ってます

エンタメ界の巨匠のうちの1人であると、どちらの人物に対しても言い切れると思います


それでもさんまさんでは無い


さんまさんの能力とか素敵なエネルギーとか、全く関係ないんです

シンプルに『家族のいない人のライフスタイルは真似できないから』です

価値の序列の上位に【家族】が無くて良いので、他のパフォーマンスにそのエネルギーを割くことが出来るんです

それは僕には出来ません

必ず【家族】に大きなエネルギーを向けるからです


ま、これは僕の例えとして聞いていただいて

ご自身が理想とする人物を描いた時に、その人物と似たライフスタイルを送れるかどうか?

その辺は非常に大事なポイントではないかなと思います


今日も豊かな人生をお過ごし下さい(^^)

だてりゅうほう

いいね! 2 いいね!
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です