革靴を修理しながら考える、【目的】と【手段】


ハッシュです。

お気に入りの革靴の靴底を、

自分で修理しました。

↓↓↓

正直まだまだ綺麗に仕上がりませんし、

多少時間もかかります。

でも私が革靴を修理する【目的】は、

「大好きな1つの革靴を、とにかく長く使い続けるため」。

なので、その【手段】として、

「業者に預けるとその期間は履けなくなるし、

多少最初は粗くても良いから、

少しずつ上手くなる期待も込め、

自分の手元でセルフ修理しながら、使い続ける」という選択をしてます。

(あと、どんなに綺麗にしても、またカカトはすり減るし、という前提で笑)

この【目的】と【手段】と目的の選択は人それぞれで、

例えば「革靴を常に最高に綺麗な状態を維持したい」が【目的】になるなら、

【手段】は「最高の修理をしてくれるお店に預ける」になると思います。

やはり自分の目的にあわせて手段を選択する方が良い、

そのためには、そもそも目的って何?を1度立ち止まり考えてみるのが良い、

そんな事を思いながら靴を修理してました。

そんな選択をした手段だからこそ、

豊かさにつながって、

また具体的に行動に移すと、

やっぱり自分が楽しいですね^ ^

ハッシュでした。

いいね! 1 いいね!
読み込み中...

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ハッシュ

    妻子と幸せな暮らしをしています。 より自由で裕福で豊かな暮らしへ前進中。 アメカジ服靴とそれらのケアが好きです。