世界一オシャレなスリ族が教えてくれたこと

*ここで紹介する写真は、「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」2016年6月号)に掲載されたもの。著者のヨシダナギ氏は写真家で、アフリカのスリ族を撮影しています。

スリ族とは

「アフリカ・エチオピアに暮らす裸族。世界一オシャレな民族と言われ、体をカラフルな色で装飾し、鮮やかな布をまとっている姿は、とても斬新です。肌に塗られたカラフルな色は、石灰石や赤土を水に溶かして作られます。そして、葉っぱで作ったスタンプを押し、花や葉っぱ、枝、実などでさらに装飾を施していきます。自然の物を活用し、ファッションとして取り入れてしまう姿は、まさに芸術です。(TABIPPO INC. 引用)」

ここまで着飾るのは、結婚式や満月の夜のダンスパーティの時だけのようです。全身が一つのアート作品で、ファンタジーな世界観が魅力的。

「このペイントが印象的ですが、意味はなく、その日のフィーリングで衣装やペイントが決まる。日本人はつい模様や飾りの意味を聞いてしまいますが、スリ族は「いい加減聞かないで。何故なんでも意味を求めるんだ。やりたいからやってるだけなんだ」(引用 TABIZINEヨシダナギインタビュー)」

シンプルに生きる

この記事を見て私は「そうか、やりたい気持ちで充分なんだ」と思いました。私は昔から行動するには明確な理由が必要だった。そして、理由が曖昧だったり、失敗するリスクが高いと、不安になって動けなくなる。考えても仕方のないことまで考えてしまうんです。

今ブログを書き始めて約1ヶ月。好きなことを発信して、反応があると嬉しい日々。でも、ふと「これって自己満足じゃない?」「なんのためにやっているんだっけ?」と不安の芽が出てきています。今までの私だったら、ここで配信が減って、止まっていた。

しかし、スリ族のように「やりたいからやっている」でいいと思うと心が軽くなる。シンプルに考えて、フィーリングで行動しよう。やりたいと思うのは、好きなことだから。世界一オシャレなスリ族が教えてくれました☺︎

#アート

#過去の自分に届いてほしい

いいね! 5 いいね!
読み込み中...

3 件のコメント

  • 恥ずかしながら、初めてスリ族知りました。
    意味とかじゃなくやりたいからやる、
    そんなスタンスも良いですね^ ^

  • hachiさんの考え方はむちゃくちゃ共感することが多くて、読んでいて楽しいです☺️

    めちゃくちゃ決断する回数も多いし、重たい仕事もいっぱいあるけど、

    「そもそも何のためにやってるの?」

    って振り返ることで、前に進んだりすっごい軽くなったりしますよね⤴️

    多くの情報が世の中にあって、人の目っていうのもめっちゃあるけど、自分の気持ちを信じて生きることが
    本当に大事だなーっと感じています😉

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です