【だて塾の1年がくれたものvol.3】お金と、しっかり向き合う。

ハッシュです。

1年間取り組んだコンテンツ「だて塾」からの

学びと変化をシリーズ化して書いています。

今回は、お金について。

割とドライなテイストの文面になりそうです笑

お金に対して、失礼すぎた。

家族に、美味しいご飯を食べさせられる。

自分が大好きな服を、着られる。

自分が好きな建物に住める。

これらの【豊かさ】があるのは、

お金のおかげだと、思っています。

もちろん、お金を使う以外の方法で、

先述した【豊かさ】を得る事が、

出来ない訳ではない、と思います。

ただ、現時点の社会を生きる中で、

他の手段で、上記の【豊かさ】を、

求めた時に円滑に手に入れる術を、私は知りません。

そんな事を意識もせず、これまでの私は、

漫然と働き、漫然とお金をいただき、

漫然と使い、漫然と貯めていました。

本当に、お金に対して、

失礼な付き合い方をしてしまっていました。

身体を壊した事で、変わり始めた。

そんな自分が、身体を壊して初めて気づかされた事。

「お金って、有難いなあ、、、」

でした。

豊かさを享受させてくれる、不思議な存在。

それが、「お金」なんじゃないかな、と。

その辺りから、

各方面のところ学びを取り入れながら、

「もっとお金に感謝して向き合おう」と、

思えるようになっていきました。

お金と向き合い続けていく。

そもそも自分には、お金に対する意識と、

大切に使う経験が足りなさ過ぎたので、

まずは様々な事に使わせてもらう事にしました。

お金には、、、

毎月、寄付というかたちで、

知らない誰かを、支えてもらう事にしました。

毎月、投資というかたちで、

自分が応援したい分野を、

応援してもらう事にしました。

毎月、資産というかたちで、

自分の手元に永久に残ってもらい、

自分を励まし続けてもらう事にしました。

娯楽、というかたちで、

自分や家族を楽しませてもらう事にしました。

日々の消費、というかたちで、

自分と家族の日々を、

たくさん支えてもらう事にしました。

お金と向き合い続けて、思うこと。

まだまだ始めたばかりなので、

途中経過的な所感ですが、

ちゃんとお金と向き合う事で、

お金もそれに応えてくれるんじゃないか、

そんな気がしています。

少し例を出すと、この1年で、

○負債という類がゼロになり、キープできています。

○着実に、資産という類が拡大していってます。

○毎日、お金に感謝を示す意味で、

毎日少額貯金が始められ、

さらに意識が高まっています。

○そんな事が体感できている自分の、

自己肯定感、行動力、思考が

安定していく事を感じています。

○相手に喜んでもらえる

プレゼントを与える事が、増えていってます。

まとめ

今回書きたかったのは、

お金の亡者になった方が良い!

全力全開、拝金主義でいこうぜー!とか

そういう話では、なく。

人間関係、時間、健康など、

様々、人生の中にジャンルがある中で、

「お金」というものと、

逃げずに向き合い、付き合い続けていくと、

より人生の他のジャンルが発展する

キッカケが生まれ、

より人生が、重層的に豊かになっていく。

そんな事を、小さな成功体験談かもしれませんが、

伝えたかったので、書きました。

前回、前々回の投稿にも書きましたが、

やはりそのためには、

確実に自分の時間をとり、

自分の人生について考えるためのアウトプットが、

非常に大事だと、思います。

ハッシュでした。

いいね! 11 いいね!
読み込み中...

4 件のコメント

  • とても参考になりました。ハッシュさんのノートの写真をみて、いかに自分が雑だったか気付きました。お金の使い方、金額は少ないですが、私が今までやってきた事とほぼ同じだったので、すごく安心しました。ハッシュさんのように、人生の他のジャンルが発展するキッカケを作れたらいいなと思いました。ありがとうございました。

    • cocoさん、コメントありがとうございます^^
      ノート、私はアウトプットは紙ノートにする方がやりやすくて、後から見返しやすいな、って
      自分で思い、このツールを使っているだけなので、
      記録の取り方・吸収の仕方は、人それぞれで良いのでは、と思っています^^
      私もまだまだ勉強しながら、体感を得ながらの前進なので、
      お互い無理なく進んでいけたら良いですね!\(^^)/

    • 私も本当に始まったばかりなので、
      折々の機会で、
      お互い色々シェアしていけたら良いですね(^ ^)
      今後もよろしくお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ハッシュ

    妻子と幸せな暮らしをしています。 より自由で裕福で豊かな暮らしへ前進中。 アメカジ服靴とそれらのケアが好きです。