【だて塾の1年がくれたものvol.2】「自分時間」を手に入れた。

ハッシュです。

「だて塾」の1年間コンテンツを終えての、

自分の中での成長、気づきについて、

シリーズ化して書いています。

今回は、「自分時間」について。

そもそも時間の整理が、できていなかった。

だて塾を始める前は、

「自分で時間を意図的にとって、

自分の今後を考える」という事自体、

ほとんどした事がなかったように思います。

目の前の事に追われ、一生懸命でした。

その時間も、今は否定するつもりもないですが、

ゆとりなく、とにかくがむしゃらに、

バタバタと走っていた、そんな感じでした。

身体の悲鳴と共に訪れた、「自分時間」の重要性。

そんな矢先、とうとう私の身体が、

悲鳴をあげました。言わば半ば強制的に、

自分の時間をとる事になりました。

その期間の中で、

ゆっくりと自分自身に考える時間を与え、

「自分時間」を少しずつ、

意識して取る事ができるようになっていきました。

直近の投稿でも書きましたが、

自分がどうしたいのか、何を求めているのかは、

自分に一旦、時間を与えてあげないと、

ハッキリ明確にするのが難しいと思います。

もちろん1日、2日では明確な方向性を決める事も

なかなか難しいものです。(私の場合は^^;)

「自分の時間をしっかりとる」事を、

全然せずに過ごしてしまうと、

もしかしたら、

本当に自分に何が必要なのか、

何が好きで楽しいのか、

分からなくなってしまうかもしれません。

私は少なくとも、上記を忘れかけていました。

今より本当にブレブレな生き方でした。

「自分時間」の確保が、自分を救ってくれる。

だて塾では、そうした「自分時間」を作ることが、

コンテンツを通して自然に出来てきたので、

やっぱりよかったなぁ、と思っています。

自分の事を、1番本気で考えてあげられるのは、

やっぱり自分だと思います。

なので、そんな自分について考える時間を、

まずは確保してみる。

そこで、前回投稿したアウトプット等で、

自分の思考を確認してみる。

これが、豊かさの一歩な気がしています。

ハッシュでした。

いいね! 3 いいね!
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ハッシュ

妻子と幸せな暮らしをしています。 より自由で裕福で豊かな暮らしへ前進中。 アメカジ服靴とそれらのケアが好きです。