まず『変化はある』と受け入れる

何となく人生の豊かさを求めていた頃の僕は
『嫌なことが起こらなければ良い』
と考えていました

ただそれは永遠と続く不幸の玄関みたいなものだったんです

人生において“外界の変化”は避けられません
陽気、暑さ、猛暑、寒気、涼しい
外の世界は常に変化します

同じように

仕事も変化します
時代が変われば仕事も変わらざるを得ません

人間関係も変化します
以前は皆に優しかった人が突然何かの拍子に変化することなんてアルアルです


大切なのは

その状態に視点を向けてバタバタしたり何とかして逃げられないだろうかとするのではなく

ただ起こっていることを見つめて

そもそも取り組むべき問題なのか?と考える

こうする事で少し状況を客観的に見る事が出来るようになります


一番ナンセンスなのは、
他人や不可能な外界を変化させようとする事です


まずはあなたが何をしている時に人生の豊かさを感じるか?

その行為その生き方を明確にする

自分を知る事
その人生を愚直に生きること
自分を知り自分の人生を生きる事が

結果的にあなたの周りの人を幸せにするきっかけにもなります

あなたのこと応援してますね


いいね! (まだ評価がありません)
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です