詩「6つになった」から学ぶ

1つのときは
なにもかも はじめてだった。
2つのときは
ぼくはまるっきりしんまいだった。
3つのとき
ぼくはやっとぼくになった。
4つのとき
ぼくはおおきくなりたかった。
5つのとき
なにからなにまでおもしろかった。
今は6つで
ぼくはありったけおりこうです。
だから いつまでも
6つでいたいと ぼくはおもいます。

ーーーーーーーーーー----------ー

A・Aミルンの「くまのプーさん」に『六つになった』という詩があります。プーさんは、もともと、1人息子である、クリストファー・ロビン・ミルンのために書かれた作品なんだそうです。

毎年、卒園式で子どもたちが群読している詩「6つになった」

0歳から保育園で過ごす子どもたちが、6歳なって卒園する。

ただ一言「大きくなったな〜・・・」

保育士の偏見だと思いますが、多くの保護者は「保育園の卒園式が一番号泣きます・・・」と言っていて、この6年間の成長の大きさ、大切さを改めて感じます。20年後、30年後の社会を担う子どもたちの一番重要な時期に関わっている。日々勉強しながら子どもと接しないといけない、と身が引き締まります。

この詩のような、キラキラしている日常に感謝しよう☺︎

#過去の自分に届いてほしい

#詩

#卒園式

いいね! 3 いいね!
読み込み中...

4 件のコメント

  • すっごい優しいし愛に溢れた記事なのに、強い刺激をもらいました🙌

    志が素晴らしいし、大人に是非見てほしい記事ですね!😌

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です