#はたらくを自由に

こんにちは、じゃがりこが好きなhachiです☺︎

この機会に「働くこと」について考えてみました。

https://note.com/info/n/ndb22646330df

働くことは生きること

私は普段なにをモチベーションに働いているのか、振り返ってみました。

保育士になろうと思ったのは「将来、子どもを産んで育てる時に自分を助けられるように。家族と心地よく過ごせるように」

大学時代に飲食店、ウエディング系のアルバイトを経験し、お客さんが「すみません」という前にドリンクや、ブランケットを用意できた時にとてもやりがいを感じた。

保育士として、大切にしていることは「子どもが泣く前に気づいて関わること」「上司、同僚、後輩と心地よく過ごせるように、いつも機嫌よくいること」「疲れた時は、疲れた!と素直に言う(笑)」

苦手なことは、計算、暗記系、機械を扱うこと、同じ作業を繰り返すこと、など・・・

生きるために働いていますが、その中で「大切な人と、安心して心地よく過ごす」ことがいつの間にか私のモチベーション、目的になっていました。

安定と自由

私は、大学を卒業して9年間保育士をしています。子どもを真ん中にした園の方針に共感でき、給料も安定している。何より、仕事にやりがいがあり、信頼できるチームと働いていることが心地いい。

一方で、この仕事は「場所・時間」の縛りが強い、副業もNG。健康で体力があることが必須条件で、ケガや病気をしたら続けられない。今はまだ気合いと根性で頑張っているところもあるけど、年齢を重ねてくると少しずつ不安になってくる。

私は園に守ってもらっている、安定も保証もあってありがたい。でも、依存はしたくない。保育士をベースに、他にも収入源があったらもっと安心して暮らせるのでは?保育の知識、好きなことを生かすことが出来たら、自分の専門性も高くなるのでは?と思うようになりました。

理想の生活🏡

私の理想の生活は「都会の中の田舎」がテーマのおうちにパートナー、子ども2人、豆柴犬と住むこと。仕事の時間、家事の時間、自分の時間、家族や友だちとゆっくり過ごす時間を持つこと。丁寧な暮らし、質の良いものを長く使う暮らしに憧れています。近くに公園やカフェ、本屋さんがあったらいいな〜☺︎

手段は一つじゃない

働くことを「お金を頂くための手段」ではなく、「大切な人と、安心して心地よく過ごすための手段」にすると「手段は一つじゃない」と思うようになりました。自分がどうしたいかが、言語化されていくことで、視野が広くなってきたように感じます。

そして、メンターの方に「自分の当たり前を発信してみて!」と言われてTwitter、note、そしてサクペリという新しいプラットフォームで、少しづつ発信を始めました。保育士として学んできた知識や、好きなものを現場以外で発信できてシンプルに楽しい♪

おわりに☺︎

過去、今、未来を言語化することで「そういえば、あんなこともあったな〜」「あの時は大変だったけど、ちゃんと今に繋がってくれている」と心が暖かくなります。

・私の働く目的

・理想の生活

・そのための手段に何を選ぶか

何度も何度も考えています。自分と向き合うって簡単ではないんですね。こんなに時間がかかる、そしてまだまだ終わらない。なんで自分のことなのに分からないんだろう??答えは、行動する中で気づいていこうと思います!

noteさんこんな機会を頂き、ありがとうございました☺︎

#はたらくを自由に

#過去の自分に届いてほしい

いいね! 4 いいね!
読み込み中...

8 件のコメント

  • とても興味深く拝読しました。はたらくことへの思考の広がりを、これからも発信していただけたら幸いです。

  • じゃがりこは俄然じゃがバター派でっす

    人が”生きる”ってところの本質的な記事ですね🙌
    仕事のやり方は多様化していますからね☺️

    ”都会の中の田舎”むっちゃわかります笑

    僕はもともと大阪の市内に住んでいましたが、物で溢れかえってるのはあまり好きではないので郊外に引っ越しました!

    “散歩コースがある”、”家でゆっくり自炊ができる”、”家の近所にスタバがある”って条件でとにかく居心地よくて、ノンストレスで作業できる環境づくりを考えて作りました🙌

    これの究極系はもう家買うしかないんだろうなーっと最近思っています・・・・笑

    • じゃがバターも捨てがたいです(笑)

      環境って大切ですよね!
      しんやさんの環境ステキですね✨
      家買って、リフォームとか憧れますね☺︎︎☺︎︎

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です