「大富豪」の「階段」。

ハッシュです。

発信について。

先日、自分の手元にある価値を3つ組み合わせて、

発信をしてみました。

オンラインには載せるには至ってませんが、

まずは40人くらいの人に、発信しました。

〈自分の価値をまず見つけて、

それを何個か組み合わせて、

1つの何かを作り、発信する。〉

こんな事は、初めてしました。

でも思いの外、難しくなかったですし、

つくりはじめてから、完成までいくのに、

実質2時間ちょいくらいでした。

1番時間かかったのは、その前段階。

「自分の手元の価値に気づく」こと、と、

「それらの価値組み合わせて、価値あんのかな…といったブレーキを解く」ことでした。

なんか、こういうの発信するのって、

粗っぽく例えるなら、上記発信って、

トランプのゲームの、

「大富豪」の「階段」みたいなものかなと。

手札に3、4、5しかなくても、

「あ、全部持ってるカード、スペードだったわ」って自分の手札に気づいたら、

3、4、5の階段を出せるわけで、

それって、3、4、5がバラバラだと、

なかなか出すのが難しいですが、

マークあってるって気付けたら、

結構な価値で場に出せると思うんです。

それは、例えば「トランプの大富豪」という世界の中では、

キングを1枚だけ、

エースを1枚だけもってる人とは、

また違った強みがあるんじゃないかなと。

(大富豪のゲーム知らない人、地域ルールはそうじゃない、って方々は、例えは放念して下さい笑)

他にも、自分の手札には、

ただ気づいてないだけの、

切り札がある気がしてきました。

いつもありがとうございます。

ハッシュでした。

いいね! 3 いいね!
読み込み中...

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ハッシュ

    妻子と幸せな暮らしをしています。 より自由で裕福で豊かな暮らしへ前進中。 アメカジ服靴とそれらのケアが好きです。